• 「心にかけて」の使い方や意味・例文

「心にかけて」の使い方や意味・例文

  • View数View数1,175
  • SCOREコメント数0
「心にかけて」の使い方や意味・例文

『心にかける』の変形した形が「心にかけて」です。動詞の『かける』の連用形『かけ』に、接続助詞『て』が付いています。日ごろの感謝やお礼を示すワードであり、日本らしい柔らかな表現です。押しつけがましい雰囲気がありません。何げない気遣いをさりげなく示してくれる相手に対して、メールや手紙の出だしや最後に添えることで、あなたの感謝が伝わるでしょう。

「心にかけて」の使い方や意味・例文の豆知識「心にかけて」の使い方や意味・例文の豆知識

「心にかけて」の意味

相手の心や立場に添って、『心に留める』『いつも配慮する』『気にかける』『念頭に置く』『目をかける』といった意味です。『心にかける』は『気にかける』と言い換えることもでき、同じような感謝の場面で用いられます。

「心にかけて」の例文

「お「心にかけて」いただき、心より感謝申し上げます」
「常日頃から、何かとお「心にかけて」頂き、ありがとうございます」
「いつもお「心にかけて」くださり、感謝しきれません」

「黒崎様にはお「心にかけて」頂き、まことにありがとうございます。ご期待に添えますよう、全力で努めてまいります」
「私共の家族にまで、心をかけてくださり、家内ともども感謝いたしております。ありがとうございました」

「今まで「心にかけて」くださり、ご好意に感謝しております。お別れとなりましたが、お身体にはお気をつけて、どうかお元気で。伊藤様のご多幸をお祈り申し上げます」

「心にかけて」の使い方・注意点

目上の方や、ビジネスでお世話になっている方、ご近所の方、人間は多くの人と関わりながら生きています。「心にかけて」という表現は、ありがたいという思いが相手に伝わる表現です。感謝を使えたい相手に使ってください。

「心にかけて」のまとめ

立場の上下に関係なく、時間の長さや顔合わせの回数にかかわらず、何かと気遣ってくれたり、優しくしてくれたり、こちらの立場に気を回して、さりげなく振舞ってくれたりする相手はいるものです。気遣いへの感謝の気持ちが伝わるワードですので、頻繁に使うのではなく、優しい気遣いを示してくれた相手に対して使うと、より言葉の重みが違ってきます。

コメント「心にかけて」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識