• 「念い」の使い方や意味・例文

「念い」の使い方や意味・例文

  • View数View数442
  • SCOREコメント数0
「念い」の使い方や意味・例文

「念い」は「おもい」と読みますが、現代では「思い」「想い」などの表現が主流となっており、この表記を使用する例は稀な方と言えるでしょう。それだけに、敢えて「「念い」」を使用する際は、それこそ特別な思い入れや深い感情を相手に想起させます。日本語は大変奥深く、似たような意味合いの言葉や漢字でも使い方によって微妙にニュアンスが異なる言葉も多いもの。ぜひとも状況に応じて使いこなし、言葉の達人を目指しましょう。

「念い」の使い方や意味・例文の豆知識「念い」の使い方や意味・例文の豆知識

「念い」の意味

「念い」は「おもい」の読みの通り、「思い」や「想い」とかなり似通った意味を持ちます。ただ、日頃この二つの言葉を何となく多くの人が使い分けているように、「念い」にもそれ独自の要素があり、「念」という言葉の意味合いに近く「より強い思い・想いを表すもの」となるようです。

「念い」の例文

「思い」という言葉が主に思考や論理、考え方などを表現するのに対し、「想い」は感情や心情を表すときに使われる傾向があります。これに対して「念い」は、前述したように「念」という言葉の意味合いにより近く、強い感情や念のようなものを表していると言っていいでしょう。

したがって、ビジネス文書においては、特に感謝の気持ちなどを強く表現する礼状や、開業にあたっての心構えを表明する挨拶文などにおいて活用されている表現と言えます。

「過分なるお心遣いを賜り、感謝の「念い」に堪えません」「このたび長年の「念い」がかない、新規店舗をオープンする運びとなりました」など、特別な感情表現として活用すると良いでしょう。

「念い」の使い方・注意点

「念い」という書き方は近年あまり使われなくなり、すぐに読める方も年々減っている印象があります。それだけに、こうした言い回しを堅苦しく感じる方もおられる可能性があります。ほとんど同義の言葉に同じ読みを持つ「思い」「想い」が存在しますから、心配な場合は素直にそちらに置き換えても良いかも知れませんね。

「念い」のまとめ

「念い」は、強い願いや思いを表す「念」という言葉の訓読みで、近年やや廃れつつある気配もありますが、本当に特別な感情を言い表す際には、こうとしか言い表せないこともあります。漢字には多様な意味が含まれていることが多く、それは細やかな日本人の感情表現に寄り添う形で発展してきたと言っても過言ではないでしょう。使われなくなった言葉を切り捨てるのではなく、そこに含まれている意味も含めて、大切に後世に伝えてゆきたいものですね。

コメント「念い」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識