• 「貴公」の使い方や意味・例文

「貴公」の使い方や意味・例文

  • View数View数422
  • SCOREコメント数0
「貴公」の使い方や意味・例文

「貴公」とは、対等また目下の男性に対して用いる二人称代名詞で、「お前」「君(きみ)」などに当たる表現です。「貴様」などと並び、古くは目上の人に対して用いる言葉でしたが、現代では非常に堅苦しい表現です。比較的高い年齢層の人が用いることがあるかもしれませんが、自分では用いないほうが無難であると思われます。

「貴公」の使い方や意味・例文の豆知識「貴公」の使い方や意味・例文の豆知識

「貴公」の意味

「貴公」とは、「お前」「君(きみ)」などに当たる表現です。日本語では相手が目上であってもなくても、英語の you に当たる代名詞をなるべく用いないのが一般的です。口頭では直接相手の名前を呼ぶのが適当です。

「貴公」の例文

先に「貴公」の作成した文書を確認しましたが、要望とその事由にいくつかの矛盾が認められました。詳細は添付の通りですので、確認のうえで修正して再度提出しなおしてください。

人事部にて「貴公」の配属について議題になり、部署を異動してはどうかという結論に至りました。急なことではありますが、異動先でもその能力を十二分に発揮してくれることと期待しております。ついては、さっそく引継ぎ等異動の準備を進めてください。

この度、「貴公」の職務上の頑張りが認められ、社内報での表彰が決定しました。近く広報係の担当者から連絡が来ると思いますので、お含みおきください。

「貴公」の使い方・注意点

「貴公」は、堅くて古めの表現ですのでやや使いにくい表現です。文書で相手を指して直接名前を使いづらく、「あなた」と言いたい場合に代わりに用います。目上の相手に対しては名前+役職名や様を用いるようにしましょう。

「貴公」のまとめ

「貴公」は少々使いにくい面もありますが、「あなた」「貴方/貴女」というのが不自然に感じられた場合に代替の言い換え表現として用いることができます。ただ、文書の表現としてはなるべく相手を名指ししないような言い方を工夫することも大事です。他に「貴殿」などの表現も使えますが、「貴様」では悪意が感じられ、適しません。

コメント「貴公」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識