• 「ご配慮」の使い方や意味・例文

「ご配慮」の使い方や意味・例文

  • View数View数3,666
  • SCOREコメント数0
「ご配慮」の使い方や意味・例文

「配慮」は、「気を遣う・気を配る」の意味があり、「気配り」や「心遣い」と同じ意義の単語です。さらに、敬意を表す接頭語の「ご」が付くため敬語表現が付随されています。相手を持ち上げたいケース、つまり年長者や立場が上の人(上司や恩師など)、またその他敬意を払うべき相手からの心遣いを意味するワードとなります。

「ご配慮」の使い方や意味・例文の豆知識「ご配慮」の使い方や意味・例文の豆知識

「ご配慮」の意味

「ご配慮」の意味は、「気配り・心遣い」という意味をもつ「配慮」の前に、敬意を表する接頭語「ご」を付随させているため、「お心遣い」という意味になります。相手方が、こちらに対して気を配ってくれたことに対する、敬意を表するときに使用するのが一般的です。

「ご配慮」の例文

次に「ご配慮」を使った例文を見ていきましょう。メールや手紙の冒頭によくある文例として、「日頃より格別の「ご配慮」と手厚いご支援を賜り、誠にありがとうございます。」といった内容が挙げられます。

また、文中でも「◯◯様の「ご配慮」により、この度の大役を果たすことが出来ました。」や、「みなさまの温かい「ご配慮」に、心より御礼申し上げます。」といった特別な計らいや、日頃の厚意の感謝を伝える際に使用します。

他に、「誠に勝手ながら、「ご配慮」頂けますと幸いです。」や、「この度緊急の手配につき、遅延なきよう「ご配慮」願います。」といった、要望を伝える際にも有効です。

「ご配慮」の使い方・注意点

「ご配慮」は、「お気遣い」と意味は同義ですが、使う場面が少し異なります。「お気遣いありがとうございます」であれば、心配してくれてありがとう、細かな気配りありがとう、という意味になります。「ご配慮」の場合、心を砕いてくれたこと、自分にわざわざ便宜を図ってくれたことに対してありがとうと伝える言葉となります。

「ご配慮」のまとめ

気配りや心遣いの意味をもつ「ご配慮」という言葉を使うシーンは、気を配ってくれたり、こちらに尽力してくれた、目上の方・恩人に対して相手を敬いつつその行為や厚意にお礼の言葉を述べる際、そして敬うべき相手方や取引先に対して要望を伝える際に利用します。その際、尊敬語・丁寧語で締めくくることもポイントとなります。

コメント「ご配慮」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識