• 「社業」の使い方や意味・例文

「社業」の使い方や意味・例文

  • View数View数3,021
  • SCOREコメント数0
「社業」の使い方や意味・例文

会社にとって利益になるよう努めるときに用いられる言葉である「社業」ですが、どちらかと言えばフォーマルな印象があります。手紙などの書き言葉として又は、経営者としての挨拶や転勤などの社員間における挨拶として用いると、その人の気持ちが引き締まって強く伝わります。ただし頻繁に用いると軽薄になるので注意が必要です。

「社業」の使い方や意味・例文の豆知識「社業」の使い方や意味・例文の豆知識

「社業」の意味

「社業」は、会社の事業という意味ですから、自社に対しても先方の会社へも使えます。また業績が良い時にも悪い時にも使います。一般的でない言葉のために一瞬戸惑う人もいるでしょうが、前後の文脈から判断すれば取り立てて難しくはありません。

「社業」の例文

「御社の「社業」の改革に長年尽力してこられた上に尚新規事業をお考えと聞き、そのあくなき開拓者精神に感服致しました」このように先方の事業に関して述べることができます。

また自社に対してであれば、「この度取締役に就任し身の引き締まる思いでございます。創業以来脈々と受け継がれる我社の伝統及び理念を汚さぬよう克己勉励し、「社業」が益々発展するよう努力する所存です」と挨拶することもできます。

「この景気停滞のあおりで若干「社業」がふるいませんが、諦めずに会社のため頑張りましょう」と良いニュアンスでなくても使えます。もちろん「「社業」が順調なので、一杯おごります」と良い意味で使用しても構いません。

「社業」の使い方・注意点

「社業」という言葉は多少堅苦しい印象を持たれるため、単に事業と言っても意味は通じます。「社業」を文脈の中で使う場合には、先方との関係性や立場、全体の文体を把握しながら用いると良いでしょう。また頻繁に用いれば、事業に対する姿勢や決意が先方には軽薄に映る可能性があるので気を付けたいところです。

「社業」のまとめ

フォーマルな印象の言葉である「社業」を適切に用いると、見る者や聞く者に決意が届きます。こうした言葉を使いこなすには時々例文を読んだり、実際に文章や手紙を書くと良いでしょう。さりげなく挨拶の中に織り交ぜるのが大人のたしなみです。一歩上の大人を目指すためにも普段使わない言葉を学んでおくと、突然の挨拶でも迷わず口をついて出るでしょう。

コメント「社業」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識