• 「思い」の使い方や意味・例文

「思い」の使い方や意味・例文

  • View数View数285
  • SCOREコメント数0
「思い」の使い方や意味・例文

「思い」はとても身近な言葉です。よく、「私は思った」と使われるのでとても便利な言葉です。相手に「思い」を伝えるも同じ意味です。また、想と勘違いすることもあります。大体の意味と読み方は一緒ですが、少し異なります。漢字の成り立ちとしても、心が思も想も入っているので、どちらの方に深みを置くか、うまく使い分けるかが難しいです。

「思い」の使い方や意味・例文の豆知識「思い」の使い方や意味・例文の豆知識

「思い」の意味

「思い」の意味はたくさんあります。一番よく使われるのは人があることについて考えること。予想であったり、願いや恋心、執念や恨みなどもあります。ひとえに「思い」といっても、真逆の意味でとらえることも出来るのです。

「思い」の例文

「「思い」もよらないことが起こった」今までに思ったことが無いことが起こったと意味で、驚きを表しています。

「あの人に「思い」を寄せている」あの人のことが好きで、思っているという恋い慕っているということを表しています。

「この世に「思い」を残す」恨み辛みを残したまま、この世を去ってしまったと言う執念の「思い」を表しています。

「長年の「思い」が叶った」自身の願望や望みが叶った、ポジティブな表現です。

「自分だけいい「思い」をしてしまい、依怙贔屓だと言われた」物事を経験し、もたらされる「思い」を表しています。


「親「思い」の子供たちだ」特定のものに対して、大事にする気持ちが強い様を表しています。

「思い」の使い方・注意点

「思い」を使う際の注意点は、想いと間違いやすいことです。漢字も似ていますが、読み方は一緒で意味も似ているため混合してしまいます。思のほうは全体的に使用できます。頭、心と共に思ったなども特に使用しても問題はありません。想は感情の奥深くからの気持ちが入っています。「あの人のことを想う」と表現するのと「あの人のことを思う」ではどれだけ愛情が深いのかが変わってきます。

「思い」のまとめ

「思い」という言葉一つにしても、様々な意味があるので使い分けが難しいです。また、似たような言葉でも深さが違う、同じ言葉なのに意味が真逆になるので、混乱しますが使い分けができるととても融通が利く言葉です。その時の自分の気持ちの深さなどをしっかり、また明確に伝えることがしやすい漢字です。深く掘り下げると、他にも意味が出てくるのでとても興味深い漢字のひとつです。

コメント「思い」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識