• 「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文

「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文

  • View数View数2,758
  • SCOREコメント数0
「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文

「お喜び申し上げます」は、相手をお祝いする時に使う言葉です。年賀状などで、「新春のお慶びを申し上げます」というように使用する言葉です。書き言葉で使われることが多いため、口語ではあまり使用しません。入学式、卒業式、結婚、出産などおめでたい場面で使用することがぴったりな言葉です。普段はあまり使わないので、しっかりと使う場面をわきまえておくことが大切です。

「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文の豆知識「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文の豆知識

「お喜び申し上げます」の意味

「お喜び申し上げます」は相手を祝福する言葉を述べるという意味の言葉です。多くの場合、手紙の挨拶文として用いることが多い言葉です。似たような言葉として、慶事(祝い事)の「慶」を用いたお慶びという漢字が使われることもあります。どちらを使用しても間違いではありませんが、喜びの方がカジュアルな印象を与え使いやすいです。

「お喜び申し上げます」の例文

「お喜び申し上げます」の例文を紹介します。「お喜び申し上げます」は、お祝いの言葉を相手に使うための言葉で、主に書き言葉として用います。例えば、「この記念日を一同、心から「お喜び申し上げます」」のように使ったり、「皆様にはますますご健勝のことと「お喜び申し上げます」」というように使用します。「お喜び申し上げます」は、非常に丁寧に言葉なので、適切に使うことができる場面は限られてきます。主に、書面の文頭でお祝いの言葉を述べたい時に利用される言葉です。時候のあいさつなどにも使用することができ、非常にフォーマルな表現です。

「お喜び申し上げます」の使い方・注意点

「お喜び申し上げます」は、喜びを意味する言葉です。一般には出産、結婚、入学、成人などの節目に用いる言葉です。一方で、「お慶び申し上げます」は、少し仰々しい印象を与えます。フォーマルな場ではよりふさわしい言葉にするなら、「お慶び」を使った方が良いです。

「お喜び申し上げます」のまとめ

「お喜び申し上げます」は、相手を祝福する言葉を述べるための言葉です。おめでたい行事である入学、結婚、出産などの時に使うのがふさわしい言葉なので普段はあまり使わない言葉です。新年の挨拶などの時にも使うことができます。「「お喜び申し上げます」」は、使う場面が限られているので、ふさわしい時に使えるように、しっかりと覚えておくことが大切です。

コメント「お喜び申し上げます」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識