• 「慎んで」の使い方や意味・例文

「慎んで」の使い方や意味・例文

  • View数View数9,000
  • SCOREコメント数0
「慎んで」の使い方や意味・例文

仕事などで相手に対して「慎んで」という言い方をしますが、これは身を慎むといったことでどちらかといえば控えめな言い回しとして使用することが多いことになります。相手に対して失礼にならないように気をつけているというさまを表すことにもなりますので、行動だけではなくその想いを表してお詫びをするといった使い方をすることになります。

「慎んで」の使い方や意味・例文の豆知識「慎んで」の使い方や意味・例文の豆知識

「慎んで」の意味

「慎んで」という言葉の「慎む」という意味は、行動などで過ちをしないように気をつけるという意味や、言葉や想いなど乱れないように控えめにするといった意味になります。自分の行動を過ちの無いように控えめにするといった意味となります。

「慎んで」の例文

「慎んで」は「慎重」という言葉にもあるように失礼やそそうの無いように気をつけるということで、その例文として、行動などで過ちをしないように気をつけるという場合は「くれぐれも軽率な行動は「慎んで」ください」、言葉や想いなど乱れがないように控えめにする場合は「言葉を「慎んで」参りたいと思います」といった使い方をします。

ビジネスなどで使用する場合も相手に対して失礼にならないようするために、気をつけているということを表していることになります。

控えめにしているという様を表すことにもなり、自省を述べるなど相手に伝えることに使用することが多くなります。

「慎んで」の使い方・注意点

「慎んで」と異なる漢字で「謹んで」という言い方をすることがあります。「謹んで」は相手に対して敬意を払いながら行動や言動することを意味します。そのため「謹んで」はより華やかな時に使用されるため、相手に対する敬意と自省を述べる場合で使う文字が異なるため誤字に注意します。

「慎んで」のまとめ

このように「慎んで」は行動などで過ちを起こさないように気をつける、言葉や想いなど乱れないように、相手に対して失礼にならないように気をつけていることを表すことになります。「慎んで」は控えなシーンで使うことことが多くなりますが、一方で「謹んで」という言葉もあり、こちらは敬意を払い華やかなシーンで使うことが多く使い分けが大切です。

コメント「慎んで」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識