• 「拝読する」の使い方や意味・例文

「拝読する」の使い方や意味・例文

  • View数View数2,520
  • SCOREコメント数0
「拝読する」の使い方や意味・例文

「拝読する」の「拝」には、「つつしんで~」という意味、そして「読」には「読む」という意味があります。このことから、「拝読する」は、自分が自分より目上の人に対して何か資料や本などを読ませてもらった時に使う謙譲語といえます。「拝読する」という表現は、一般的にビジネスシーンで上司に対して頻繁に使われます。

「拝読する」の使い方や意味・例文の豆知識「拝読する」の使い方や意味・例文の豆知識

「拝読する」の意味

「拝読する」とは、一般的に使われている「読む」のへりくだった言い回しの言葉です。例えば、自分より目上の上司、先輩に資料や本を見せてもらった際に、「謹んで読む」「読ませて頂く」という意味で用いられます。

「拝読する」の例文

「拝読する」の例文を挙げると、一般的に仕事の取引相手、上司などに対して使われることが多いです。

たとえば、「上司から借りた本を「拝読する」。」「会社の取引先から届いたご注文書を「拝読する」。」「出産祝いと一緒に送付されてきた上司のメモ書きを「拝読する」。」などの使われ方が一般的です。

仕事以外にも、自分より年上の先輩などに対しても使用されます。たとえば、「高校の先輩から頂いた小説を「拝読する」」「大学の同窓会について記載されている取り急ぎのハガキを「拝読する」。」などです。使用方法をきちんと把握しておけば、色々と便利に活用することができます。

「拝読する」の使い方・注意点

使う際の注意点は、絶対に「拝読させて頂く」というように変形させて使用しない事です。というのも、「拝読」という字の「拝」という部分は、一字で謙譲の意味を持っているからです。その上、さらに「させて頂く」とつけると二重敬語になってしまいます。そのため、相手に対して失礼に当たります。

「拝読する」のまとめ

「拝読する」という表現は、仕事関係や目上の人に対して尊敬を示すことができる大切な言葉といえます。相手から受け取った手紙、メールなどを読むことを伝えるために、便利に活用できる表現方法です。使い方を正しくマスターしておく事で、色々なシーンで便利に活用することができます。そして、相手への印象がとても良くなります。

コメント「拝読する」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識