• 「お心遣い」の使い方や意味・例文

「お心遣い」の使い方や意味・例文

  • View数View数5,500
  • SCOREコメント数0
「お心遣い」の使い方や意味・例文

若い頃はあまり使う機会も無く、大人になってから少しずつ聞く機会が増えてくるこの「お心遣い」という言葉は、ビジネスシーンでもプライベートでも、目上の方や心配りをしてくださった方に対して使うことが多いです。では具体的にはどのような場面に使うことが多いのでしょうか。使う場面や例文について具体的に説明していきましょう。

「お心遣い」の使い方や意味・例文の豆知識「お心遣い」の使い方や意味・例文の豆知識

「お心遣い」の意味

「お心遣い」という言葉は、相手の方からの配慮を意味する言葉で、頭の「お」は敬意を表す意味になります。どなたかから自分に対して気遣いや、親切と感じる行為をしてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えるときに使います。

「お心遣い」の例文

「素敵なお花をお送りいただきまして、「お心遣い」に感謝いたします。」

「先日はお招きいただきましてありがとうございました。親子共にご親切な「お心遣い」に感謝しております。今度はこちらにも是非遊びにいらしてください。」

「この度はご面倒をおかけしてしまいまして申し訳ございませんでした。手配までしていただきまして、「お心遣い」に感謝いたします。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。」

「毎度のこと、素晴らしい「お心遣い」に感謝しております。」

「皆様より温かい「お心遣い」に感激致しました。これを励みに今後とも精進して参りたいと存じます。」

「お心遣い」の使い方・注意点

「お心遣い」ということばは口頭でもメールや手紙でも使用することができる便利な言葉ですが、報告書などのビジネス文書で使用する言葉としてはふさわしくありません。ビジネスで使用する場合には挨拶文やメールであれば問題ありません。

「お心遣い」のまとめ

このように、日本の文化ならではかもしれませんが、自分に対し何かしらの気配りをしてくださった方に対してお礼の気持ちを伝える際に使う言葉の一つとなります。この「お心遣い」という言葉を知っておくと、ビジネスの世界でも子育て世代のお母様との関わりを含む社会でも通用しますから、是非とも自然とお伝えできるようにしておくといいでしょう。

コメント「お心遣い」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識