• 「拝察」の使い方や意味・例文

「拝察」の使い方や意味・例文

  • View数View数3,341
  • SCOREコメント数0
「拝察」の使い方や意味・例文

「拝察」とは、物事に対して推察及び推測する時に使用する言葉です。「拝察」は、相手に対してへりくだって表現する謙譲語になります。かしこまった場で使用されることがほとんどで、日常生活で使用することはまずありません。役所などの公的な文書や式典での挨拶、スピーチ、お礼状、お悔やみ状などで使用される言葉です。

「拝察」の使い方や意味・例文の豆知識「拝察」の使い方や意味・例文の豆知識

「拝察」の意味

「拝察」には、物事を推し量るという意味があります。また、相手の事情や心中を思いやるという意味でも使われています。「拝察」の「拝」という字は自分の行動に対して用いるものなので、自分が相手を思いやっているという意味で使用する言葉です。

「拝察」の例文

「「拝察」」を使って例文には、「皆さまの胸中は如何ばかりかと「拝察」申し上げます。」があります。これはお悔やみの時によく使用されるフレーズで、相手の心中を思いやっています。

それから、「今日というめでたい日を迎えられましたこと、喜びもひとしおと「拝察」しております。」といったフレーズもあります。これは、結婚式や卒業式、入学式など人生の門出のスピーチに用いられるものです。

その他にも「御多忙のことと「拝察」申し上げます。」といったフレーズや「ご家族の御心労は如何ばかりかと「拝察」申し上げます。」などのフレーズがあります。

「拝察」の使い方・注意点

「拝察」は自分の動作に対して使用する言葉なので、他の人の動作に対して用いることはありません。他の人が誰かの心中を思いやったり、物事を推し量ったりする場合には、「賢察」といった言葉や「高察」といった言葉を使用します。

「拝察」のまとめ

「拝察」には、物事を推し量ったり、相手の心中を思いやるという意味があります。「拝察」は自分の動作に対して使用する言葉なので、他人が物事を推し量る場合には使用しません。また、かしこまった場面で使われる言葉なので、役所の公的な文書やスピーチ、お悔やみ状などで使用されます。日常生活で使用することはまずありません。

コメント「拝察」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識