• 「推薦状封筒」の使い方や意味・例文

「推薦状封筒」の使い方や意味・例文

  • View数View数1,736
  • SCOREコメント数0
「推薦状封筒」の使い方や意味・例文

「推薦状封筒」とは、推薦状を入れる封筒、あるいは推薦状が入った封筒のことです。就職活動や入学試験などで、採用・合格の大きな決め手になる推薦状。推薦状の内容そのものは個別に所定の書式があり、また推薦者に依頼すべき性質のものです。ここでは、これを提出するにあたって必要となる「推薦状封筒」について解説します。

「推薦状封筒」の使い方や意味・例文の豆知識「推薦状封筒」の使い方や意味・例文の豆知識

「推薦状封筒」の意味

「「推薦状封筒」(すいせんじょう ふうとう)」は、推薦状を入れる封筒、または推薦状が入った封筒のことです。封筒まで含めて単に「推薦状」「推薦書」などと呼ぶことも可能です。一般には「推薦状用封筒」「推薦状の封筒」と呼ばれます。

「推薦状封筒」の例文

「推薦状封筒」は単独で封書として送付する場合と、他の書類とひとまとめにして提出する場合とがあります。

単独で封書として送付する場合には、当然ながら一般の郵便物と同様に表に相手方の宛先、裏側に自分の名前と住所を記載することになります。宛先には、もし相手側の担当者の名前が分かっている場合には「名前+様」とし、担当者が分からない社名・校名・部署名を書く場合は「御中」を加えましょう。

他の書類とひとまとめにする場合はもちろん宛名等は不要ですが、書類の紛失を避けるために自分の名前だけは書くべきです。

いずれの場合も、表に「推薦状在中」と記載します。

「推薦状封筒」の使い方・注意点

「推薦状封筒」を作成するときには、応募要項などをよく読み「厳封」の有無を確認しましょう。「厳封」とある場合は、推薦状作成者側で封筒に封をし、封をしたところに社印や学校印などを押す必要があり、手続きに時間を要することがあります。

「推薦状封筒」のまとめ

推薦状は、採用や合格の大きな決め手になるものです。推薦状については推薦者も大いに注意を払うところですが、その外側「推薦状封筒」にはついつい注意を怠りがちです。採用・入試担当者側としては、推薦状の内容よりもまず先に目に入るのが「推薦状封筒」です。表には必ず赤く「推薦状在中」と記載し、目につきやすくしておくことが肝要です。

コメント「推薦状封筒」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識