• 「ご発展」の使い方や意味・例文

「ご発展」の使い方や意味・例文

  • View数View数28,495
  • SCOREコメント数0
「ご発展」の使い方や意味・例文

「ますますの「ご発展」を祈念いたします。」と、あいさつ文の末尾につける「ご発展」とは、まさに、未来に向かってのびていくことを表現しています。もともと、悪かったことを改善していくというより、今も良い傾向になるけれど、どんどん良くなっていくというイメージです。「ご」をつけることで、相手への敬意を丁寧に示しています。

「ご発展」の使い方や意味・例文の豆知識「ご発展」の使い方や意味・例文の豆知識

「ご発展」の意味

「ご発展」は、栄えていくことを意味しています。物事の勢いが伸びて、次の段階に進んでいくことです。商売がうまくいって盛んになることや、今取り組んでいることが、さらに円滑に進み、成果がでることを表しています。

「ご発展」の例文

「皆様のご健勝と、ますますの「ご発展」をお祈り申し上げます。」というように、「ご健勝」や「ご多幸」と一緒に結びの言葉として使われることが多いです。

また、ビジネス文書の冒頭に、季節の言葉の次に「貴社ますますの「ご発展」のこと、お喜び申し上げます。」という例文もあります。

「貴店、ひときわ「ご発展」の段、大慶に存じます。」など、個人的な手紙より、会社組織の公的な文書の用語として用いられます。

会社のお祝いの会等で乾杯の席の挨拶として、「今後の発展を願って、乾杯します。ご唱和ください。」という発声も、よく耳にします。

「ご発展」の使い方・注意点

人に対しては、「ご清栄」や「ご清祥」を使うのが妥当です。「ご発展」は、団体や企業向けに使います。「末筆ながら、貴社の「ご発展」を祈念します。」と、手紙の最後に、送る側から読み手の組織に対して、今後の繁栄を願う言葉を添えて、結びとします。

「ご発展」のまとめ

「「ご発展」を心より願っています。」という言葉のように、発展は縁起の良い言葉であり、誰もが望む未来です。「現状維持は後退である」というリーダーもいるように、今よりも一歩でも前に進むことを願って、企業は努力を続けています。公的な場での挨拶や文書で、上手に使って、取引先等と良い関係を築いていきたいものです。

コメント「ご発展」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識