• 「ご猶予」の使い方や意味・例文

「ご猶予」の使い方や意味・例文

  • View数View数31,010
  • SCOREコメント数0
「ご猶予」の使い方や意味・例文

依頼された物事は相手が指定された期日に完成して贈るというのが社会のマナーです。しかし何らかの弊害が起きたことによって期日に完成して送れないときには、その完成日時をずらしてもらうように頼むことも必要です。ただ頼む側なので相手に対して礼儀が必要であり、その礼儀として使う必要のある言葉が「ご猶予」という言葉になります。

「ご猶予」の使い方や意味・例文の豆知識「ご猶予」の使い方や意味・例文の豆知識

「ご猶予」の意味

「ご猶予」の猶予はいざようを語源とする言葉です。いざようは進もうとしてもなかなか進めないという言葉を意味し、個人の事情だけでなく複合した事情が重なることで進行度合いが悪くなることです。そのため「ご猶予」は複合した事情によって進行できなくなったので少し遅れますということを伝える言葉です。

「ご猶予」の例文

「ご猶予」は相手に対して期日を延ばしてほしいということを願い出る言葉なので、必ず遅れることになった理由の前後に「ご猶予」をつけるのが定文となります。

依頼された商品が市場予測を上回る売れ行きで生産が追いつかない状況となっており、残りの納品は生産が出来るまでなにとぞ「ご猶予」いただけると感謝します。

経済状況の悪化で自社の資金繰りが悪化しており期日中の資金注入が厳しくなっております。そのため期日には遅れますが必ず資金注入をしますのでなにとぞ「ご猶予」いただけるよう幸いです。

さらに物事に猶予をいただく際には、その返信する手紙もしくはメールにおいてのタイトルには「ご猶予」を入れておくことも必要です。

「ご猶予」の使い方・注意点

「ご猶予」の使い方の注意点としては、この言葉を使うのは基本一回きりの効力しかないことをあらかじめ分かって使用することです。何らかの事象が重なり合うことで物事の進行が遅れてしまうことは相手も理解しているので、その意向をしっかりと伝えれば納得してくれます。しかし3回以上続いてしまうと信頼が落ちてしまうので、基本的に1回もしくは2回までが猶予を使ってもよい目安になります。

「ご猶予」のまとめ

「ご猶予」はもともといざようという言葉を省略したものであり、その言葉の意味も物事が進めようとしても進めないためにたどり着くまで引き伸ばすということから礼儀の言葉として定着するようになったのです。相手側も期日中に届けられないこともある程度予想しているので期日に猶予を持たせているものですが、それでも「ご猶予」の使用ができるのは一回だけにするのが社会のマナーになります。

コメント「ご猶予」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識