• 「ご賢察」の使い方や意味・例文

「ご賢察」の使い方や意味・例文

  • View数View数7,584
  • SCOREコメント数0
「ご賢察」の使い方や意味・例文

「ご賢察」という言葉は、近頃ビジネスの場でもあまり遭遇することがありません。似たような意味を持つ言葉に「ご高察」という表現がありますが、こちらよりもさらに恭しい印象になるのが「ご賢察」という言い回しかもしれませんね。かなり堅苦しい響きを持つ尊敬語であるため、口頭よりも文書やメールでの使用の方が主になるでしょう。

「ご賢察」の使い方や意味・例文の豆知識「ご賢察」の使い方や意味・例文の豆知識

「ご賢察」の意味

「ご賢察」という言葉は、「賢察」という単語そのものからして、推察をしている相手に対して尊敬の意思があることを意味する言葉ですが、そこに更に「ご」がついていることから、上司やお客様への表現にしてもかなり仰々しい言い回しとも言えます。一般的には、相手にこちらの事情を察して欲しいときに理解を促すために多く使われている言葉ですね。

「ご賢察」の例文

こうして考えてみると「「ご賢察」」を使用できる相手は、目上の方やかなり大切なビジネスパートナー、お客様など、しっかりした敬語が必須の方になりそうです。

例えば何かを調べるにあたって、その道の権威や専門家の意見を聞きたい場合にはまさにうってつけの表現と言えるでしょう。

使い方の例としては「事情を「ご賢察」頂き、何卒ご意見を賜りたく謹んでお願い申し上げます」「お申し出は大変光栄ではございますが、何卒事情を「ご賢察」の上、このたびはご了承くださいますようお願い申し上げます」「どうか事情を「ご賢察」の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます」など、こちらの事情を汲んでもらいたいときに使用する場合がほとんどです。

「ご賢察」の使い方・注意点

「ご賢察」を使用する場面を想定してみると、やはりこちらからのお願い事の際に「お察しください」という意味を込めて使用するのが一般的と言えそうですね。したがって、お願いごとの内容や相手によっては慇懃無礼な印象を与えることになり、かえって失礼になってしまうケースがないとも限りません。使用する場合は、前後の文脈や相手の立場に合わせて他の言葉に置き換えてみるのも良いでしょう。

「ご賢察」のまとめ

「ご賢察」のように、今ではかなり使用される場面も少なくなりつつあるような堅苦しい尊敬語は、上手に使うことができれば文章全体に品格を持たせることができる言葉と言えます。ただ、使い方を間違えれば非常に気障な印象を与えてしまったり、かえって尊大な雰囲気になってしまう可能性もありますから、注意が必要ですね。全体の印象や流れを把握し、上手に美しい日本語を使って、書面でのやり取りを充実させてください。

コメント「ご賢察」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識