• 「恐縮しきり」の使い方や意味・例文

「恐縮しきり」の使い方や意味・例文

  • View数View数4,247
  • SCOREコメント数0
「恐縮しきり」の使い方や意味・例文

「恐縮」という単語だけならいざ知らず、「恐縮しきり」という言い回しとなると、日常生活ではなかなか耳にする機会に恵まれない表現かも知れません。口頭で使用するとなると、かなり改まった場面や、よほど目上の方に対する表現と考えて良いでしょう。ここでは「恐縮しきり」の正しい活用や意味合いについて考えていきたいと思います。

「恐縮しきり」の使い方や意味・例文の豆知識「恐縮しきり」の使い方や意味・例文の豆知識

「恐縮しきり」の意味

「恐縮しきり」という言葉は、文字通り「恐れて身が縮む」ような気持ちから転じて「相手から受けた厚意に対する感謝の気持ちが大きすぎて申し訳なく感じてしまうほど」という意味を持つ「恐縮」という単語に、「ひっきりなし」「何度も繰り返し」「むやみに」などを意味する「しきり」という言葉がくっついたもの。「恐縮」という言葉を更に強調した表現と言うことができるでしょう。

「恐縮しきり」の例文

「恐縮しきり」という言葉は、単に「恐縮です」という程度ではおさまらず、その感情がとても大きいことを言い表していると言えます。

単に「恐縮しきり」という言葉で文章が完結することはありませんから、ビジネス文書では当然前後に相応しい語句がついて、ある種の定型文のような使われ方をしている例を数多く見かけます。

「わざわざ雨の中ご足労頂き、「恐縮しきり」でございます」「過分なるお褒めの言葉を頂きましたこと、「恐縮しきり」にございます」「皆様のお力添えでこのような評価を頂きましたことは、私にとって「恐縮しきり」でございます」など、感謝の気持ちやお詫びの気持ちを言い表すときに使用するのが一般的と言えそうですね。

「恐縮しきり」の使い方・注意点

「恐縮しきり」は一般的な文語表現としてメールなどでも気軽に使うことができる言葉のひとつと言えるでしょう。しかし「恐縮」と「しきり」が組み合わされていることで、これだけでもかなり丁寧な表現となります。例えば「非常に「恐縮しきり」」「大変「恐縮しきり」」などという表現は、誇張に誇張を加えたものになってしまいますから、気をつけておきましょう。

「恐縮しきり」のまとめ

「恐縮しきり」は、言い換えとして「甚だ恐縮」「恐縮の極み」「恐縮の至り」など、数多くの表現があります。前後の文章の語感を考えながら、よりよいと思われる表現を選んで活用していきたいものですね。ただし、こういった表現は連発することで軽々しい印象になってしまうことも多々あります。くれぐれも多用は避け、しっかりとポイントを把握して活用するようにしてください。

コメント「恐縮しきり」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識