• 「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文

「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文

  • View数View数19,043
  • SCOREコメント数0
「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文

「拝眉のうえで」は、「拝顔」「拝謁」などと同じ意味を持つ言葉です。まず、「拝」には人を訪ねる、お目にかかるなどの意味があります。そして、「眉」には、目の上にあることから目上という意味があります。つまりは、「拝眉のうえで」は、自分よりも目上の人に会うことをへりくだって使う表現です。例えば、天皇などの大変身分の高い人に対して使用されます。

「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文の豆知識「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文の豆知識

「拝眉のうえで」の意味

「拝眉のうえで」とは、天皇など自分よりもはるかに身分の高い人にお目にかかると言う意味で使われます。お顔を拝むという栄光を身に受けるなどの意味が含まれているので、自分をへりくだって使用する謙譲語といえます。

「拝眉のうえで」の例文

「拝眉のうえで」の例文は、まず「相手にお会いした上で」と言う意味合いで使われることが多いです。

例えば、「詳しいことについては、「拝眉のうえで」説明させて頂きたいと申し上げます」というように使われます。

その他にも、本当はお目にかかってお願いしたい所ですが、あなたに伺えなくて申し訳ないという謝罪の意味で使われることもあります。

例えば、「「毎日、ご多忙のところ恐縮でございますが、よろしくお願い申し上げます。本来であれば拝眉の上お願いすべきところですが、今回は書中にてお願い申し上げます。」という使われ方です。

「拝眉のうえで」の使い方・注意点

「拝眉のうえで」を使う際に注意すべき点は、二重敬語にならない事です。そもそも二重敬語とは、1つの表現に対して尊敬の言葉を重ねて付けることを指します。「御「拝眉のうえで」」のように使用すると、逆に相手に失礼になってしまいます。

「拝眉のうえで」のまとめ

「拝眉のうえで」は、相手を敬う意味で用いられる定番の言葉といえます。きちんと使用方法を把握しておけば、手紙、メールなどで便利に活用する事ができます。自分が勤める会社の上司、社長、その他の尊敬すべき相手に対して使えば、一目おかれる存在になります。そのため、挨拶状、年賀状など便利に活用してみるといいです。

コメント「拝眉のうえで」の使い方や意味・例文へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この豆知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識のキーワードこの豆知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この豆知識の投稿者:【公式】ひな形の知りたい!

全ての雛形が無料で使える雛形の知りたい!雛形・書式・書き方、テンプレートなど初心者の方から記入例が欲しい方までお気軽にご利用頂けるポータルサイトです。お気軽にご利用くださいませ☆

雛形の知りたいは同時に雛形などをご投稿頂ける投稿者様を募集しております。簡単に登録する事で雛形が投稿出来、投稿時・ダウンロードが発生した場合にポイントを加算させ頂きます。

ご登録も全て無料となりますので無料での集客や販促も可能ですので是非、仕業士さんや一般の方でも雛形の作成・制作が可能な方はご登録くださいませ。

この投稿者の他の豆知識この投稿者の他の豆知識